長崎市で交通事故治療・むち打ち治療ならトップクラスのはまのまち整骨院へ!整形外科、病院と連携して早期回復、後遺症を残さないリハビリ治療を行います。捻挫・骨折のリハビリ・打撲・ムチ打ち治療はお任せ。

鍼灸(はり・きゅう)治療

  • HOME »
  • 鍼灸(はり・きゅう)治療

マッサージではほぐれない

鍼灸治療で大切にしている事!

  1. 患者様お一人おひとりに合わせた問診と施術を提供します。
  2. 患部だけではなく、関連部分もしっかり触診します。
  3. 丁寧で分かりやすい説明を心がけています。
  4. 症状に合った治療を提案します。

はまのまち整骨院だからこその鍼灸治療の強み!

  1. 整骨院や併設されたトレーニングジムとの連帯で、3つの観点からお客様をサポートします。
  2. 長崎市中心部にあるため、通院しやすい環境です
  3. 女性スタッフも多数在籍しているので、安心して治療して頂けます。

鍼灸(はり・きゅう)治療とは

harikyu08ステンレスで作られた鍼を、身体の皮膚に接触あるいは内部に刺入して一定の刺激を与えることで、痛みの緩和や自律神経のバランスを整えます。
また自然治癒力や免疫力を高めることで、治療だけではなく予防と健康増進も期待できます。

当院の鍼灸(はり・きゅう)治療について

身体の表面に特有の温熱刺激を与えて免疫力の活性化、自律神経やホルモンバランスを調整します。
血流が良くなることで、代謝を促す物質が増えます。
鍼との違いは、免疫力を上げるとして注目され始めているヒートショックプロテイン【傷ついた細胞の修復】が分泌されます。
※ 症状により、鍼灸の健康保険の適用(医師による同意書が必要となります。)が認められているものもありますので、お気軽にご相談下さい。

置鍼治療とは

置鍼治療慢性的な肩コリの方や電気治療が苦手な方におすすめです!
鍼を身体に刺し入れた状態で約10分程度置くことで、血液が患部に集まり、痛みのある部分や硬結(筋肉が凝り固まっているところ)がほぐれて柔らかくなります。
柔らかくなることで、痛みを誘発する物質が除去され鎮痛されます。
また、刺激に弱い方でも安心して治療を受けて頂けます。

単刺治療とは

一本の鍼を使い、必要な治療部位に、刺激量をコントロールしながら治療するものです。

パルス治療

パルス治療ぎっくり腰、寝違いなどでお悩みの方に即効性があります!
筋肉や神経に対して電気の刺激を与えることによって痛みや痺れ、神経痛などを抑えたり、症状の緩和をしていきます。慢性・急性ともに即効性が有り、モードやHz・電気料を症状に応じて調整し、鎮痛・治然治癒力をUPさせます!

パイオネックス円皮鍼

パイオネックス円皮鍼特に鍼が苦手な方におすすめです!
エレキバンの様なテープの真ん中に非常に小さな細かい鍼がついた、シール状の鍼です。貼ったまま普段通りに生活ができるため、忙しくて中々治療に行く時間が取れない方や、効果を持続させたい方におすすめです。

温熱灸

火を使わずに、特殊温熱ヒーターで加熱し、もぐさを燃焼させないのでやけどの心配がありません。

温熱灸 温熱灸

冷え症の方、むくみが気になる方にオススメです!

この様な悩みをお持ちの患者様におすすめです!

鍼灸治療は人が本来持っている「自然治癒力」を高めることで、身体機能の回復を促す伝統医学です。
マッサージでは届かない深部のコリを和らげることができ、急性・慢性症状のどちらにも効果的な治療です。
〈首・肩・腕・背中〉

  • 首肩のコリ
  • 五十肩
  • 背中の張り
  • 関節痛
  • 腕のだるさ
  • 寝違え
  • 肘痛

〈足と腰の疲れ〉

  • 腰痛
  • 膝関節症
  • 膝の痛み
  • こむら返り
  • ギックリ腰
  • 痺れ
  • ムクミ

〈頭と目、顔の症状〉

  • 頭痛
  • 顔のムクミ
  • 耳鳴り
  • 歯痛
  • 疲れ目
  • 扁桃炎
  • 鼻水

〈内臓の疲れ〉

  • 胃のもたれ
  • 乗り物酔い
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 下痢、便秘

〈婦人科系の症状〉

  • 生理痛
  • 貧血
  • 冷え性
  • 月経不順
  • つわり

鍼灸(はり・きゅう)治療と骨盤矯正のダブル治療で生理痛・生理不順は改善!

専門の知識と資格を持った、女性スタッフが対応します!

子宮・骨盤の捻じれは生理痛や生理不順の原因の一つになります。
では、子宮・骨盤の捻じれの原因となる事として下記の事が言えます。

  • 日常生活での姿勢
  • 不規則な食事と睡眠
  • 生活リズムのズレ

seirituuなど日常生活でホルモンバランスが崩れ分泌に異常が出ているかもしれません。
また、生理がくると「リラキシン」というホルモンが分泌されますが、このホルモンは靭帯や関節を緩ませます。
この緩んだ状態で歪んだ姿勢を取っていると骨盤が歪んだ状態で固定され、子宮や骨盤が捻じれる事があります。
生理痛や生理不順で悩んでいる方は仙骨の捻じれと左右腸骨の捻じれ、腰椎の捻じれているかもしれません。
生理がくる1週間ほど前に来院していただき、問診を行った後、体の歪みを取ります。
施術を受けて頂いた方からは「生理痛が少ない」、「生理が長引かない」、「生理が定期的に来る」、「足が痺れない」、「イライラしない」など多くのお喜びの声を頂きます。

小児鍼

幼児鍼

小児鍼とは、一般に生後1~2週間くらいから4~5歳くらいの乳幼児に対して、軽微な皮膚接触刺激を与え、皮膚の反射作用を利用して自律神経系の調整を目的とした疾患の予防、治療を行う特殊な刺鍼法です。(※毎月定期的に3~5日連続して行うのが望ましいです。)

適応症

  • 疳虫症状(虫ばり)、鼻炎、扁桃炎、耳下腺炎、喘息、慢性気管支炎、消化不良、便秘、下痢、夜尿症など。
  • 虚弱体質や滲出性体質などの体質改善療法としても優れております。

料金表

鍼灸治療の料金表

※鍼灸の保険治療には医師の同意書が必要です。

鍼 自費治療

・小児鍼 1回700円
・1530円から(症状や鍼の本数により異なる)
・1本追加 100円

お灸 自費治療

harikyu07

鍼灸に関するよくあるご質問

鍼灸に副作用はあるのですか?

鍼灸はツボを刺激して身体のバランスを整えて行く治療法ですので、副作用は殆どありません。子供からお年寄りまで、安心して治療を受ける事ができます。副作用ではございませんが、治療によって今まで感じなかった痛みやコリを感じやすくなった、と言う方が稀にいらっしゃいますがそれは、今まで存在していたが感じる事がなかった痛みやコリが、鍼灸で刺激した事で感じられるよう(痛みやコリを感じる受容器が麻痺状態から正常に動き出した)になったと考えられます。

(例)小児鍼

幼児鍼

小児鍼とは、一般に生後1~2週間くらいから4~5歳くらいの乳幼児に対して、軽微な皮膚接触刺激を与え、皮膚の反射作用を利用して自律神経系の調整を目的とした疾患の予防、治療を行う特殊な刺鍼法です。(※毎月定期的に3~5日連続して行うのが望ましいです。このように小さなお子様も安心して治療が受けられます

ストレスや更年期、うつ病などにも効くのですか?

鍼灸はストレスからくる様々な症状の改善に大変有効であると言われています。また、更年期障害に伴って起こる自律神経失調症や不定愁訴(めまいや動悸、肩こり、腰痛など更年期になって起こりやすい症状)を治める有効な方法のひとつでもあります。うつ病に関しては、心療内科など西洋医学との統合治療がより有効です。

鍼灸治療はどれくらいの頻度でやっていけば良いのですか?

鍼の目的は刺激によって身体の変調を整える事です。当院では、患者様の状態や体力に応じて、適切な刺激を与えて行く事を患者様と常日頃相談しながら治療を行っております。症状によっては毎日した方が良い事もありますのでその際は、ご相談させて頂きます。

鍼灸に合う人と合わない人がいると効いたのですが?

基本的に合わない人はいませんが、初めて治療を受けて頂く時に鍼灸の怖さで緊張し施術を受けた後に思ったほど効果が得られない場合がございます。ですが、治療の回数を重ねて行くことで緊張もなくなり、体になじんで治療効果を体感できるようになります。

お灸の後、皮膚が赤くなったのですが?

温灸器を使用しておりますので、火傷をする事はございません。幹部の血流が良くなった為の赤さですので、しばらくすると消えていきますのでご安心ください。

鍼はどういった時にしたら一番効果的ですか?タイミングが知りたいです。

急性の痛み、慢性の痛みどちらにも対応できますので、痛みが強い時や体の凝りをほぐしたい時にされると効果的です。
また予防のために治療をされるのもオススメです。

妊娠中のどういった病気や症状に対応してもらえますか?

腰痛や肩こり、お腹の張り、足のむくみ、こむら返り、冷え、つわりといった様々なトラブルの解消に対応しています、
鍼灸は副交感神経の機能を高めるので、自律神経やホルモンバランスか良くなります。

鍼やお灸の費用はどれぐらいかかりますか?

自費治療の場合、鍼は1530円・お灸は300円~になります。また、疾患により保険適応できるものもございますので、お気軽にご相談ください。

美容鍼のデコルテは、整骨院で受ける鍼治療はどう違うのですか?

整骨院での鍼治療は筋肉を緩めたり、症状に応じて電気鍼をしていきますが、美容鍼の目的は筋肉だけではなくリンパの流れを良くするためにリンパの走行に沿って鍼をしていきます。

鍼治療に副作用はありませんか?

刺入時の痛み、鍼を抜いた後の痛みやかゆみ、鍼の後が残る、倦怠感、眠気、皮下出血などがありますが、使用する鍼が細いのでその発生率は非常に低いです。

鍼治療の頻度は毎回しても大丈夫なんですか?

毎回でも大丈夫ですが、おひとりおひとり症状や日によっても状態が違いますので、問診をしてから対応させていただきます。

鍼で感染する事はないのですか?

心配ありません。当院ではディポーザブル鍼(ディスポ鍼)と言われている使い捨ての鍼を使用しています。この鍼は製造工場で滅菌処理がなされ、施術寸前の開封まで完全に無菌状態です。鍼を持つ手指や刺す部分も消毒しますし、鍼をする部位も消毒しますので心配ありません。

身体に鍼を刺して出血したりしないんですか?

刺激をする部位や、お体の状態によって稀にですが出血や内出血により青あざが生じることもありますが、使用する鍼が髪の毛ぐらいの細さなので、出血したとしても少量で10秒程圧迫したらとまります。
その他、薬の服用により出血しやすい方もみえるのでご相談ください。

施術を受けた後、お風呂に入れますか?

直後でなければ問題はありません。1~2時間後であれば大丈夫です。

鍼を打つ効果とマッサージの効果は違うの?

マッサージは体の浅い部分の緊張をほぐし、張りを緩和させる事ができます。
鍼では皮下より数ミリ数センチの深さの筋肉を刺激します。
痛み、局所の炎症、腫れ、血流障害、筋肉の凝り、シビレ、免疫力アップなど。
深部を刺激する事で、マッサージとは違う症状にも対応させていただきます。

前回の治療後に少しだるさが出たんだけど?

心配ございませんのでご安心下さい。鍼灸の治療後の体の反応で「体がだるい」「気分が悪い」「眠気がある」などあります。初めて鍼灸治療を受けられた方に時々出る事がありますがしかし、一時的に体の症状が変化した為の反応ですので、治療を受けられた後はゆっくりと体を休めて頂くを事をおすすめします。

知人が鍼をした後に身体が重くなったと言っていました。大丈夫ですか?

東洋医学では瞑眩(めんげん)と言い、治療後一時的に起こる症状の悪化や倦怠感のことです。良くなろうとする時に副交感神経が優位になり、結果として重く感じる方もみえますが、少し休んでいただければ次第にとれていきます。

鍼の数が多いほどよく効くのですか?

鍼の本数が多いほどよく効くと言うわけではございません。施術の善し悪しは鍼の本数では決まりません。患者様一人ひとりの体に合わせて適切な鍼からの刺激を与えられるかで鍼治療の効果を出します。患者様の日々の体調や状態に応じた方法で治療致します。

施術の後、しびれたような感覚が残ったけど大丈夫ですか?

鍼をした所には「響き(ひびき)」という現象が起こります。響きはマッサージなどでも感じられ、ツボを押した時に重だるく感じるような感覚です。「イタギモチヨイ感じ」とも言えるかもしれません。これはツボを正確に刺激しているために起こる現象です。しびれた感じになることもあるので、「神経を傷つけたのではないか…」と思って心配なされる方がいらっしゃいますが、神経を傷つけるような施術ではございませんので、ご安心ください。必ずしびれたような感覚は消えていきますので問題ありません。

お気軽にお問い合わせください TEL 095-825-8400 [ホームページを見たとお伝え下さい]
〒850-0853 長崎市浜町3-12

アクセス

footer
院名 はまのまち整骨院
院長名 佐野 竜太
野脇 奈津子
住所 〒850-0853 長崎市浜町3-12
TEL 095-825-8400
FAX 095-801-5180
診察時間 午前 8:45~12:30 午後 14:30~20:00
水曜午後 予約診療のみ対応
第1土曜 8:45~13:00
休診日 日曜日・祝日・第1土曜日午後
home8

※1【水曜午後】予約診療のみ対応
【その他土曜日】 8:45~16:00
※2【第一土曜日のみ】 8:45~13:00
【休診日】日曜・祝日
PAGETOP
スマートフォン版サイト