はまのまち整骨院BLOG

気になる症状を

おはようございます。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回ブログを担当させていただきます、鍼灸師の宮川です。

今日は認知症について書かせていただきます。年を取ると物忘れが頻繁に起こりやすくなります。最近多くなったと不安を抱えている方も多いことと思います。

認知症は日常生活で予防することができますし、症状を遅らせることもできます。症状に合わせた治療もあります。日常で行えるトレーニングなどもあります。料理をしたりいつもの散歩コースを逆に回ったりすることで脳に刺激がいきますので、予防に効果があります。計算などの行為も効果があります。

当院では介護の資格を持ったスッタフもおりますので、自宅で介護をされている方のアドバイス等ができますので気軽においでください。

寝違えの対処法

いつもはまののまち整骨院のブログをご覧いただきありがとうございます。本日のブログ更新を仰せつかりました、施術スタッフの佐名寿規です。
今回は趣向を変えて寝違えの対処法と予防についてお話をしていきますので、よろしくお願い致します。

寝違えた際にはまず、患部に熱感や腫れがある場合は冷やすことが有効です。(10分~20分)

熱感や腫れが落ち着いた後に患部を温めて血行を促進させていき、ストレッチを行い筋肉の緊張を取り除きます。

ストレッチの方法ですが、首のストレッチを寝違えの直後に行うと症状が悪化する場合もあるので肩甲骨を動かしていきます。

1つめは腕の力を抜き両肩を天井にむかって引き上げ、ゆっくりと両肩を下すもので10~20回おこないます。

2つめは椅子に座り背筋をできるだけ伸ばし、腕を後ろに引き上げていき10秒間キープする動作を10回行います。

どちらも無理のない範囲で行うようにしてください。

締め切り迫る!!!

みなさんこんにちは!
いつも 長崎市 はまのまち整骨院 のブログをご覧頂きありがとうございます!
今回ブログを担当します 柔道整復師 の守屋です!

みなさん!
もうすぐですよ!本当すぐ!!
え?何がって???

当院自慢の骨格矯正枕の特別割引キャンペーンが間も無く終了してしまうということです(´∀`=)

既に沢山の方々にご利用頂いて、沢山の嬉しいお言葉を頂いております^_^

治療家の私達が皆さんを四六時中ケア出来たら一番素晴らしいこと、、、しかし、それは現実的に不可能、、、

それを当院の枕をご利用頂くことで、寝ている間も矯正を行ない、サポートすることが可能になった夢のような枕です!!!

是非このキャンペーン期間中に購入、もしくは、レンタルをして頂き、沢山の感動をお届けしたいとスタッフ一同毎日枕のご準備をさせて頂いております!!!
院にてお試し頂くことも可能ですので、ご不明な点は是非スタッフにお気軽にお声掛け頂きたい所存です!!!
皆さんの生活をより幸せな物にしましょう^ – ^

☆妊娠中の身体の変化・パート3☆

お腹がたるんだ

原因

10カ月かけて引き延ばされた皮膚が、出産で一気にしぼむことにより、一時的におなかの皮膚がたるんで張りがなくなります。

解消法

多くの場合は、数カ月かけて徐々に目立たなくなっていきますが、ぷよぷよした感じが残ったり、妊娠線がかえってくっきり目立ってしまうこともあります。

大事なのは、そのままにしないこと!!
骨盤の歪みや開きを治し、筋肉を引き締める!!!
特に2人目以降の方は戻りにくくなるので、産後1ヶ月から歪みチェック→矯正→引き締めの順番で体型を戻していきましょう!!

妊娠中はお腹の皮膚を保湿したり、急に太らないように体重管理することで、妊娠線を予防することができます。

温泉を使ったセルフケア

皆さんこんにちは!はまのはち整骨院の鍼灸あん摩マッサージ指圧師の江藤です。
いつもはまのまち整骨院のブログを閲覧頂きましてありがとうございます^_^

今回も温泉の話を聞いて下さい。
皆さんもご存じの通り温泉には効能効果があります。しかし、温泉には色々な種類があり、どういった泉質が自分の症状にあうかはご存じないと思いますので、3回に分けてご紹介します。まずは温泉の物理的効能効果について聞いてあげて下さい。

1、温熱効果

あたたかい温泉で血行がよくなることにより多くの効能が得られます。
体が温まることにより血管(特に抹消血管)が広がり新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促すのです。
例を挙げると、疲労回復は、疲労物質「乳酸」が排出されるための効果です。

また、泉温別特長として、熱い温泉(42℃以上)は、緊張、興奮の自律神経「交感神経」が優位に立ち、しっかりと目が覚めた状態となります。
一方、ぬるめの泉温(37~40℃)の温泉は、気持ちを鎮める働きをするリラックスの自律神経「副交感神経」が優位に立ち、落ち着いた気分になります。

なお、日本人がもっとも気持ちの良いと感じる泉温は「42℃」です。
気温よりはるかに高いお湯が体に負担をかけるものの、気持ち良さからくるリフレッシュ効果が望めます。

2、水圧効果

体表面にかかる静水圧により全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、内臓運動となります。
つまり、天然マッサージの状態です。
脚には全血液量の約三分の一が集まり、この血液が心臓に送り返されるため「脚は第二の心臓」と言われることがあります。
この脚の血液は、陸上では、重力が邪魔をして血液が心臓まで上がりにくくなります。
ところが、入浴すると、水圧で血管が細くなり、血液が心臓に向かって押し上げられます(ポンプアップ効果)。
その結果、下肢の静脈の流れが良くなり、血液やリンパ液の循環も活発になっていくのです。
なお、全身浴ではこの水圧により心臓への負担が大きいのですが、半身浴や足浴では静水圧が減少するので、心臓への負担が少なくなります。
お湯に肩までつかった時、体の表面積全体では、なんと500キログラムから1トンもの水圧がかかる計算になるのです。

3、浮力効果

温泉に首まで浸かると、体重は約十分の一になり、体を自由に動かせるようになります。
体が軽くなった感覚により筋肉が緩み、脳波が「α波」のリラックスした状態になりやすいようです。
また、体の各部分を早く動かすと、水の抵抗力が加わり筋力の強化になります。
これを利用して筋力の弱った人や運動機能の低下した人のリハビリテーションにも利用されます。

花粉症

こんにちは!
はまのまち整骨院のブログを御覧頂きありがとうございます。

今回は、「くしゃみ大連発で鼻水がとまらない!」「目がかゆくて真っ赤!」——花粉症の人には、ツラい季節が続いています。そこで、花粉症の不快な症状を緩和できるツボを一部お伝えさせて頂きます!

ツボ1「迎香(げいこう)」

犬歯の根本に位置し、左右の小鼻のくぼみにあるツボ。ここに人差し指と中指を引っかけるようにして下に強く押すと、鼻の通りがスッとよくなり、鼻づまりの改善に役立ちます。

ツボ2「上迎香(じょうげいこう)」

その名の通り、迎香のやや上に位置し、鼻の付け根の両側にあるツボです。ここをぐっと押すと痛さを感じますが、ある程度の強さで押さないと効果は期待できません。鼻づまりに効果があるので「鼻通(びつう)」ともいいます。

image

是非使ってみて下さーい!

自宅でセルフケア♩

こんばんは。
いつもはまのまち整骨院ブログをご覧いただき、ありがとうございます(^-^)鍼灸師の吉田琴が担当させていただきます♩

4月がスタートしました!新生活を始めた皆さん、なかなかケアにかける時間が取れない方、どこに行けばいいか分からないという方いらっしゃると思います(*_*)

そんなあなたに!今回は、自宅で、しかもすぐに手に入るもので、セルフケアができるものをお伝えします♩

それは「ペットボトル温灸」です(^_^)

私も最近お腹の調子が悪く、嘘だと思って試してみましたが、お腹の冷えがとれ、胃の調子が整ったように感じました!

方法としては簡単です!
① ホット用のペットボトル容器を用意
② お湯を入れる
③ 冷める前くらいまであてておく

これだけです\(^o^)/
温めるポイントとしては、冷えが強い部分はもちろん、コリが強いな〜と感じるところがオススメです♩

自宅で手軽にできるセルフケアとして、一度試していただけたらな、と思います!

このセルフケアで少しでも温灸の魅力を感じていただけた方、もっとしっかり治療をうけてみたい方、はまのまち整骨院では、症状に応じた鍼灸治療を提供しております!ぜひ一度お越しください♩

貴方の骨は大丈夫?

IMG_3088

こんにちは!はまのまち整骨院の渡邊です!

最近雨も多いですが、健康管理は大丈夫でしょうか?

骨と関節の病気で、気をつけないといけないのが、「骨粗鬆症」があります!

骨粗鬆症は、骨がスカスカになった(骨密度が低下)した状態です!カルシウムと、カルシウムを腸から吸収するのに必要なビタミンDが足りない、ビタミンDを活性化する腎臓が弱い、骨吸収を抑えるエストロゲンが減る、運動不足といった理由で、高齢になると、特に女性は骨がもろくなります!高齢者ではなくても、なる方は居ます!

寝たきりや低栄養では、体位変換で少し体が捻れるだけで骨折するほど骨がもろくなることもあります!
注意が必要なんですね( ; ; )

そうなる前に、栄養と運動などの工夫で悪化を防ぐことが大切なんですね^ – ^

この時期お花見などで暴飲暴食も気をつけられて下さい^_^

体の不調を感じ、痛み、長年の不調を感じられましたら、はまのまち整骨院でお待ちしてます^ ^

首,肩のコリについて

こんばんはいつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今回ブログを担当させていただきます、鍼灸師の宮川です。
桜がきれいな時期になりました。最近は雨ばかりで桜をゆっくり眺めることもできませんが、
今年は珍しく入学式に満開になりとてもいい年になりました。
今日は寒い一日でしたが、こんな日は首肩に痛みが出たりしていませんか?寒さや雨で体調の変化が起こりやすくなります。
そんな時は血流が滞っている状態です。血流を良くすることが大事です。
当院では、鍼灸治療で血流を良くします。
鍼はピンポイントで筋肉に届き電気を流すことで血流がよくなり筋肉が柔らかくします。筋肉は何層にも重なっているため深い筋肉には指圧では届きません。しかし鍼なら届きます。それにお灸で温めることで回りまで柔らかくなります。
お灸で筋肉を柔らかくしたのち、鍼で深いところまでアプローチすることで、動きもスムーズになりやりたいことができ日常が楽しくなります。
毎日が笑顔で過ごせる喜びを一緒に手に入れましょう。
患者様の生活に合わせた治療内容で自宅でもできるストレッチや運動指導などもしていますので、お友達と一緒にいらして下さい。
キッズルームも完備していますので、お子様も気兼ねなくお連れ下さって大丈夫です。
お待ちしています。

ランニングフォーム

こんばんは。本日ブログを担当します走れる鍼灸師 大嶋 翼です。
本日はランニングのフォームについてお話しさせていただきたいと思います。

良いランニングフォームとは?とよく聞かれる事があります。
良いランニングフォームで走ると、楽に走れる・結果が出る・怪我しないなど良い事しか
ありませんがなかなかどんな走り方がイイか知ってる人は少ないと思います。
実は、人それぞれ体格や筋肉の質によっても違うのでこれが!!というフォームはなかなか
ありません。
では良いフォームで走るにはどうしたらよいか?まずは、良い姿勢を作りそこから走る筋肉
をつけていくのが一番になります。

では、良い姿勢とは?

人間、真っ直ぐ立った時に足の裏全体が地面に着いていると思います。
ですので、足の裏の真ん中に重心が落ちるように立ちます。
足の裏に重心を集めるためには、体の重い部分を「足の裏の真ん中」の一直線上に集めるように立ちます。

下から順に、まず体の中で重い部分は「骨盤」です。
「骨盤」を足の裏の真ん中の一直線上に持ってきます。
そうすると脚は踵から生えているので、この時点で自然と前傾姿勢ができてきます。
次に重い部分「胸」を「足の裏の真ん中」と「骨盤」の一直線上に、そして最後に「頭」をまたその一直線上に持ってきます。
このようにして重心を体の真ん中に持ってくることによって正しい姿勢で立つことができます。

このように姿勢を気をつけたうえでウォーキングからランニングに入って行く事で効率の良いランニングフォームをみにつけることができます。

ってここまでは理論的な話なんですが・・・なかなか意識しても出来るものではありませんよね?
しかし!!安心して下さい!!!
はまのまち整骨院では、「はまのまち式矯正」で良い姿勢を手に入れる事ができます。
春からランニングでも始めようか考えてる方は是非!!一度ご来院いただきまして「はまのまち式矯正」うけてみられてはいかがでしょうか?
ランナー専門で私 大嶋がおまちいたしております。

« Older posts

Copyright © 2017 はまのまち整骨院BLOG

Up ↑

スマートフォン版サイト