長崎市で交通事故治療・むち打ち治療ならトップクラスのはまのまち整骨院へ!整形外科、病院と連携して早期回復、後遺症を残さないリハビリ治療を行います。捻挫・骨折のリハビリ・打撲・ムチ打ち治療はお任せ。

妊婦・産後骨盤矯正

  • HOME »
  • 妊婦・産後骨盤矯正

妊婦さんの時に行うべき骨盤の矯正とは!

妊娠中の矯正(マタニティ整体)とは

kotsubankyosei06はまのまち整骨院では妊娠中から出産後まで、お母さんの体をトータルでケアいたします!
妊娠をするとホルモンバランスが変化する事やお腹が大きくなる事で、身体のバランスが崩れて骨盤が不安定になります。
身体のバランスが崩れると肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛、むくみ、頭痛などつらい症状が現れ始めます。痛みや不調になると情緒不安定やうつ状態になりやすく、ストレスが溜まりご主人に当たってしまう事もしばしばあるかと思います。
当院では、出産後の骨盤矯正だけではなく、妊娠中から一人ひとりに合った施術で、身体の痛みを取り除く事でストレスを溜めることなく快適な妊婦生活を過ごしてもらえるようにお手伝いをしております。「身体はつらいけれど…」と諦めていませんか?当院はそんなお母さんの見方です!

お母さんや赤ちゃんの安全を第一に治療しています!

妊娠中のお母さんの体は繊細なものです。
少しでもストレスや体調が変わると途端に不調をきたしてしまいます。はまのまち整骨院では妊婦治療の知識を持った専門の施術スタッフがお母さんの調子をみて、治療を行いますのでご安心ください。基本的には母体へのリスクがある腰への施術は行いませんが、妊娠8ヶ月あたりまでは、しっかりとした施術を首や背中を中心に無理なく行います。
8ヶ月以降は刺激が強いと母体への影響も考えられますので、お子様の様子や母体の体調を見ながらマッサージを必要な範囲で行ないます。
なお、安定期(14~27週)でも様態が安定しない際は、産婦人科の医師の指示に従い無理をなさらず安静にしてください。

安産である為に

kotsubankyosei09妊婦対応の専用矯正ベットがございますので安心して矯正する事ができます。お母さんの骨盤を整えておく事で体調も良くなり、赤ちゃんも元気にすくすく育ちます。出産後のお母さんの体調に影響する事もありますので、妊娠中から身体のバランスを整えておくといいでしょう。

安産に対する骨盤矯正のメリットがあります!

骨盤を矯正する事で下記の様なメリットがあります。

  • 骨盤周囲の筋肉バランスがとれていると、力が入りやすい
  • 骨盤の開きが良くなるため、出産時骨盤に負担がかからない
  • 産後の体の回復が早い
  • 筋肉に弾力性が出るので、妊娠線ができにくく残りにくい
  • 妊娠中におこる体の変化によって、肩こり・腰痛・骨盤痛など、妊婦さんに共通した痛みの改善。
  • 出産後の歪みを治し、元の骨盤の位置に近づける。
  • 難産を回避する
  • 妊娠中から体に負担が掛かっているので出産後の体の回復を早める
  • ホルモンのバランスを整える
  • 赤ちゃんが元気に育つ為、子宮のバランスを整える
  • 陣痛における子宮収縮の強さと間隔

産中や出産後に出ている骨盤や関節を緩めるホルモンをご存知ですか?

リラキシンというホルモンは産中や出産後に特に骨盤部をゆる為に出るホルモンですが現在、リラキシンと言うホルモンがどこでくつられているのか良く分かっていませんが、様々な説が出ています。
赤ちゃんの成長と共に腰椎や骨盤が変化する為に関節を緩めて、すくすく育っている赤ちゃんに合った骨盤を作っているのです。また、お産の際も恥骨を広げ産道を開く事で赤ちゃんが産まれやすくする必要があり骨盤のなどの変化に対応する為に関節を緩めるホルモンの「リラキシン」が働きます。
リラキシンが働いている期間は骨盤もズレやすいですが、骨盤を調整するにも適した期間でもあるのです。骨盤が一度固まると、戻すにも時間がかかりますので、戻しやすい期間に骨盤調整を行うのをおすすめします。

カイロプラクティックの視点から見た妊婦さんの体の変化

妊娠初期

「つわり」が始まります。
「吐き気」や「めまい」など、気持ち悪さから肩こり、胸周辺の筋肉にも影響が出始めます。

少しずつ大きくなるお腹

大きくなるお腹は重さもある為、腰が大きくカーブします。
重いお腹で引っ張られ重心のバランスが大きく変わります。
妊娠3ヶ月目からリラキシン(骨盤、関節を緩くするホルモンの事)が分泌し始めます。
リラキシンの影響で関節が緩み、関節を支える為に周辺の筋肉が緊張、「歪み・痛み」が誘発。「腰痛、骨盤痛」の原因になります。
骨盤部の骨の中でも仙骨の骨の位置が重要で難産の原因も起こりえます。

妊娠後期・胎児の環境

子宮の位置を固定する為の靭帯が有りますが、緊張が生じると子宮に捻じれが生じバランスを崩し逆子の原因となる可能性もあります。

逆子を戻す為に

ウェブスター・カイロプラクティックによりアメリカ・カナダで統計を取った所、約8割の方が逆子が戻り、帝王切開などを行わず出産した事が分かっています。

産後の骨盤矯正は行うべき?

kotsubankyosei05産後は、骨盤矯正を行う方が良いのです。
育児に追われ放っておきがちな方が多いですがご自身や周囲が思っている以上に大きなダメージを受けておりますので一度開いた骨盤が自然と妊娠する前の骨盤の状態にもどる事はございません。
帝王切開を経験された方はなおさらです。快適に育児を行う為にもお母さんご自身のケアも大切です!(特に産後1~2ヶ月以内が望ましい。)

はまのまち整骨院は産後の骨盤矯正治療をこの様に行っております!

まずは、矯正ができる骨格かどうかを問診・検査させていただき、矯正するしないを判断いたします。
その後、リスティングを行い(腸骨、仙骨、恥骨)の歪みを見つけて、ドロップテーブル(矯正ベッド)にて全く痛みがない様に矯正を行います。また矯正で骨盤が元に戻ったとしても、筋肉が固ければまたすぐに歪んでしまうため、マッサージとストレッチなどの手技治療などで筋肉のケアも同時に行います。
他にも筋肉トレーニングを指導させていただき、出産で弱くなった腹筋を回復させ腰痛を改善するなど、お母さんお一人おひとりの症状に合わせて治療を行っていきます。

出産後、このようなお悩みはありませんか?

  • 産前のジーンズやスカートが履けない
  • 寸胴体系になってしまった
  • 尿漏れがなかなか治らない
  • 冷え性・生理痛がひどい
  • 尾骨や恥骨、骨盤周りに痛みがある
  • 股関節(脚の付け根)が痛い
  • 下半身がむくみやすい
  • 下腹部のポッコリがなかなかとれない
  • O脚が進行した
  • 初産の時は体重がすぐ戻ったのに、二人目を産んだ後戻らない
  • 初産の時は痛みが出なかったのに、二人目を産んだ後は痛みが残っている
  • 他の治療院で骨盤矯正を受けたが、効果が感じられない

出産直後の骨盤周りは軟部繊維が緩く歪みやすくなっています。その歪みは全身まで影響し、ホルモンバランスの乱れ、子どもを抱っこする物理的な負担などが、身体が歪む原因ともなっています。

産後の骨盤矯正をしたい方に嬉しい!ベビーベッド完備しています!

長崎はまのまち整骨院:ベビーベッド完備!女性の施術スタッフが2人在籍しておりますので、女性の方もお気軽にご来院して頂けます。
また、ベビーベットも完備しておりますのでお子様連れのママさんも安心して産後矯正などの施術を受けられます。​

産後骨盤矯正と通常の骨盤矯正は大きく違う!

kotsubankyosei04産後の骨盤矯正と通常の骨盤矯正は大きく異なります。
通常は日々の生活の中での姿勢や運動不足、ストレスなどから骨盤の歪み(上下・左右、仙骨のずれ)を本来正しい位置に戻す事を目的としていますが、産後の骨盤矯正は、妊娠や出産などに伴う骨盤の開きを正すのが目的です。

妊娠5ヶ月から6ヶ月になると子宮が小骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。陣痛が始まると骨盤だけではなく全身の靭帯がゆるみ赤ちゃんが産道を通りやすくします。
出産時には赤ちゃんが4回転しながら頭から産まれてくるためにお母さんの骨盤に大きな負担がかかります。狭い産道を通りながら産まれてくる赤ちゃんはその圧力で頭が変形するのですが、同時にお母さんの骨盤も本来逆三角形の形をした骨盤が四角形の形になり赤ちゃんが回転する圧力が左右の骨盤にかかる事でズレが生じます。
その影響は骨盤だけではなく腹筋にも影響し、腹筋が左右に大きく広がり上手く使う事が出来なくなります、出産後骨盤は一気に閉じますが、1ヶ月から2ヶ月ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋肉が弱くなっておりこの時期に悪い姿勢をしているといつも以上に歪みを作ってしまう原因となります。
このまま放っておくと次の出産で辛い症状や様々な症状が出来てきたりしますので、産後はお早めに骨盤をケアする事を心がけて下さい。

ウェブスター・テクニックをご存知ですか?

出産前後の期間に有効とされているカイロプラクティックの一つで「ウェブスターテクニック」があります。欧米の調査によると約8割の割合で逆子が戻ったと結果が出ており。逆子で帝王切開などリスクを回避する為の選択肢として選ばれています。お母さんの骨盤の歪みによる原因で、上手く骨盤内に赤ちゃんの頭が収まらない逆子に有効と言えます。ウェブスターテクニックはツーステップを行う施術で母子ともにほとんど負担がありませんのでご安心下さい。

  • 仙骨の矯正(骨盤調整も含めて)
  • お腹に軽い刺激を与え、子宮に変化を起こさせる

出産後の骨盤調整は2ヶ月以内に調整する事をおすすめします!

リラキシンの影響で産中、出産後は骨盤がズレやすく産中に腰痛、股関節痛が起こり出産後も続いく事もあります。はまのまち整骨院では出産後体調を見て行いますが、早い方で出産後一週間後から始めて頂いているお母さんもいらっしゃいます。リラキシンというホルモンは出産後時間と共に出なくなりますので、リラキシンが働く事で緩んだ状態の時期に骨盤を矯正して正しい位置にする事をおすすめします。

出産後の骨盤の歪みは今後の生活にも影響を与えます!

出産後、妊娠中に緩くなった関節は、産中が一番関節が開きます。「バキ!」とした音が鳴ったとおっしゃられる患者様が多いのですが、この時に恥骨や骨盤の関節がズレているのです。出産後開いた関節は約2ヶ月程かけながら徐々に固定されていきます。その際何もしないまま固まってしまうと骨盤の歪みが出来ます。(仙腸関節・恥骨結合部・股関節・左右の腸骨部が多いです。)赤ちゃんを出産し長年、股関節の痛みが激しいやびっこをひくようになった恥骨の部分が痛くて脚を曲げる事が出来ない、骨盤や腰が痛い等、多くの症状を訴えている患者様がはまのまち整骨院に来院されました。過去の出産で骨盤が歪んだまま固まり、月日が経ってから出産後の骨盤のズレから見られる症状を訴える方がいらっしゃいます。ぜひ出産後(特に2ヶ月以内)骨盤や体を調べに来院してみて下さい。自分自身でも気付かない様な結果が出るかもしれません。

産後の骨盤治療費の目安

sango

骨盤ベルトもご購入頂く必要がございます。

産後のお母さんから良くあるご質問

矯正した後、しばらくしたらまた骨盤が開いてくることはありますか?

次の妊娠や出産、もしくは加齢によって骨盤庭筋が緩んでくるまでは開くことはありませんのでご安心ください。

一人目の出産でなくても矯正の効果はありますか?

効果はございます。正しい位置に骨盤を戻すには骨盤が緩んでいる間に行う事が大切です。

帝王切開でも矯正した方がいいのでしょうか?

帝王切開でも骨盤は開きます。(帝王切開の場合、骨盤の上部が主に広がります)普通分娩と同様に矯正されることをおすすめします。

産後の骨盤矯正はいつから受けられますか?

出産後、1ヶ月から受けて頂く事が出来ます。関節が柔らかい時がおすすめです。無理やり身体をひねったりしませんので、退院後お体が休まってからお越しください。適用期は出産後1ヶ月~2ヶ月の間がベストです。適応期は出産後1ヶ月~6ヶ月です。(帝王切開の方は、2ヶ月後から)また、断乳した月から数ヶ月の間もホルモンバランスが変わります。その間に骨盤が固まる方向に向かうと言われていますので、この時期にも歪みを戻す事が重要です。

出産後の骨盤矯正は何かリスクが伴う様で怖いのですが?

出産後、様々な身体の変化で敏感になっている時期に骨盤矯正を行うのは不安に思われると思いますが実は、出産後の関節はリラキシンという体内ホルモンの分泌により動きやすい状態になっています。このリラキシンは出産時に靭帯を緩める作用があり、この作用で関節に軽くアプローチするだけで骨盤のバランスを整えることができます。当院のスタッフもお母さんに安心して矯正を行って頂くために強い力はかけません。また、当院は出産後専用の矯正ベットも完備しております。出産を経験したお母さんの身体に細心の注意を払い最大限の施術を行いますので特に体へのリスクはございません。

ゆるんだ状態の骨盤もすぐには治らないかと思いますが何回くらい通うのでしょうか?

出産後の骨盤矯正も通常の骨盤矯正と同じで、生活習慣や癖により戻ってしまう可能性もありますので続けて3回(1週間に3回)が基本です。その後は、骨盤が安定するまで週1~2回のペースで行ないます。個人差にもよりますが平均して5回~7回ほどです。また、育児は身体に負担がかかる姿勢が多いので出産後の骨盤矯正が終了した後も月に1回程度骨盤のメンテナンスをお勧めします。

治療時間が長いと子どもが泣き始め、治療に専念できないかと思いますが、1回の治療時間はどれくらいかかるのでしょうか?

出産後の矯正治療に関しての時間は30分以内で終わらせるようにメニュー(マッサージ、矯正、電気など全ての治療を合わせて)を組んでおります。お子様の鳴き声が聞こえるとお母さんも心配して無意識に筋肉が固くなってしまうので時間内に癒しを提供しながら治療を受けて頂けるように時間等には気を配っております。

体勢によってはつらい事があるのですが、別の体位でも治療は可能ですか?

横向きやうつ伏せがきつい様な場合は、きつくない体勢で治療をさせて頂いております。その時に応じて痛くない寝方で治療を行いますので、ご安心ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 095-825-8400 [ホームページを見たとお伝え下さい]
〒850-0853 長崎市浜町3-12

アクセス

footer
院名 はまのまち整骨院
院長名 佐野 竜太
野脇 奈津子
住所 〒850-0853 長崎市浜町3-12
TEL 095-825-8400
FAX 095-801-5180
診察時間 午前 8:45~12:30 午後 14:30~20:00
水曜午後 予約診療のみ対応
第1土曜 8:45~13:00
休診日 日曜日・祝日・第1土曜日午後
home8

※1【水曜午後】予約診療のみ対応
【その他土曜日】 8:45~16:00
※2【第一土曜日のみ】 8:45~13:00
【休診日】日曜・祝日
PAGETOP
スマートフォン版サイト